ダイヤモンドビット
   66・76・86GWS リーマー
GWSリーマーは、従来のインプリリーマーとは全く異なる新たな製法を採用しています。このGWSリーマーでは、インプリダイヤを混合した金属紛をペースト状に生成し型焼成するため、リーマー部のスパイラル形状も容易に製作することができます。更には、従来のダイヤモンドビットやリーマーの焼結温度に比べ、およそ20〜25%(当社比)程度低い温度により焼成可能であるため、ダイヤモンド特性を最大限生かす事ができます。
新たな焼成方法に伴う生産工程の簡易化により、抜群のコストパフォーマンスを実現しました。

インプリダイヤを混合した金属粉はペースト状であるため、モールド形状に合わせて自在にシャンク上に焼成部を形成させる事ができます。

このため、様々なスパイラル形状にも容易に対応でき、従来のリーマー製法では対応が難しいとされてきましたネジ接合面直上(最も損摩耗が激しい箇所)においても焼成部を形成することができ、耐摩耗対策も万全です。

ネジ接合面直上のリーマー焼成部
GWSリーマー
(リーマダイヤ硬装部 6列標準装備)